■女性からの返信がないときは

女性との出会いを求めて出会い系サイトに登録したものの返信が全くないと嘆いている男性はたくさんいるのではないでしょうか。

出会いを目的として出会い系に登録しているはずなのに、なぜこんなに男性と女性の間でギャップが生じてしまうのでしょうか。

情熱に差があるのではなくて、女性は男性にメールを送りたくても遅れない状況になっているというのが正しいです。

その現実を知らずにメッセージを送り続けても、返信してもらえないので意味がありません。

当記事では女性が男性に返信できない理由を解説して、そのあとで返信してもらえるテクニックを解説していきたいと思います。

例えば、これはとある出会い系サイトを利用した人の話ですが、顔写真を載せてプロフィールを完成させたとたんに30通以上ものメールが男性から送られてきたそうです。

さすがに多すぎるメッセージが届いたのでプロフィールを変更したそうですが、それでも20通以上届いたそうです。

出会い系サイトにおいては、女性は貴重な存在として男性からのお誘いが殺到します。

では、もしあなたが女性だったとして一日に30通以上も男性からメッセージが届いて返信しようと思うでしょうか。

一通当たりのメールを数分で終わらせたとしても2時間以上かかるのですが、これを好きでもない初対面の男性相手にやるでしょうか。

私が女性だったらそんなことはせず、自分のタイプの人に自分のことをアピールするとおもいます。

これが当記事の最初の方で述べた、男性になぜ返信しにくい状況なのかということです。

女性は男性からのメールが多すぎて、単純に返信できていないと言うことです。

まず女性の目にとまらなければどれだけ情熱を込めたメールを送ったとしても返信してもらえません。

■返信率の高いファーストメールとは

出会い系サイトにおける女性の置かれた状況を考えれば、何通も雑なメールを送ろうとは思いませんよね。

ではいったいどういうメールを送れば女性から返信してもらえるのでしょうか。

●自己紹介する

当たり前のことですが、ファーストメールでは、まず挨拶や自己紹介をしましょう。

好印象を持ってもらうには、自分の名前を本名で伝えると言うことがあります。

本名を漢字で伝えることにより、相手に好印象を持ってもらうのと同時に信用もしてもらえます。

さらに、女性と仲を深めていくときに、お互いの名前を呼び合ったり、ため口でしゃべり合ったりすることによりよりいっそう仲良くなれると思います。

そのために先に自分の名前を知ってもらっておくことにより、自分のことは○○ってよんでね!というかんじでフレンドリーな雰囲気を持ってもらうことができます。

●何が気になったのかを書く

出会い系サイトを始めて間もない人は、よく初めてメールを送るときに、プロフィールで気が合いそうだと思いました!なんて簡潔な文章を送ってしまいがちです。

プロフィールのどこの部分が気になったのかを具体的に書くことによって、他の人よりも優位に立つことができますし、相手の印象にも残って返信してもらいやすくなります。

まずは相手のプロフィール項目をなめまわすようにみて、話のネタを考えましょう。

具体的に何が気になったのかを書くときは、職業などがよく話題にしやすいですが、他の人も話題にしているので、あまり相手の心に残ることは少ないでしょう。

なので、ここでは相手の心に響きそうな情報を拾って、それを話題にすることにより、相手の印象に残るようにしましょう。

もし自己紹介文から、相手の心に響くような情報を拾えなかったら、相手のプロフィールの画像をみてもアイデアを拾うことができます。

肌がきめ細かいだとか、ファッションセンスが洗練されているとか、そういった普段いえないようなことをいってあげれば喜んでもらえますし、相手の印象にも残りやすくなります。

もしも自己紹介やプロフィール項目などから、ファーストメールのネタが拾えなかったら、私がよく使っているテクニックとして、びびっときました!なんてのもありです。

●メールの最後の文章

皆さん適当に書いてしまっているのが最初のメールの最後の一行です。

よかったら友達になってくださいとか、ありきたりなよくある言葉で締めてしまっている人が多いのですが、これでは他の人と差別化できずに埋もれてしまって返信率があがりません。

こういった最後の一行で、相手の返信率をあげるためには、相手が返信したくなるような質問系で終わらせることが大切です。

女性がわからしたらメールの内容も重みがなくてなんてことないメールだし、なんでこんなやつにメールを返信しなきゃいけないのかと思われてしまうでしょう。

また、人間というのは基本的に他人にはあまり関心がなく、自分の話を聞いてもらいたい!自分に興味を持ってもらいたい!と思っている生き物です。

なので、ものすごい凝った文章を送ることによって、相手に自分の真剣さや、どれだけあなたのことを思っているかを感じてもらえます。

こういう風に相手の心に響くような心理テクニックを使うことにより、ファーストメールを返信してもらいやすくなります。

●ファーストメールは簡潔に書く

出会い系サイトのテクニックとしてファーストメールはなるべく長めの文章で相手のことを褒めるみたいなことが書いてありますが、それは間違ったテクニックだといえるでしょう。

長文メールに返信をしてくれる女性というのは出会える確率が高い女性ということなので、テクニックとしてはありっちゃありですが、最初のメールで長い文章だとそもそも読んでもらえる可能性が低くなります。

そもそも長文メールに返信し照れる女性よりも、ぱっとみの見た目で文章が長いだけで読んでもらえる可能性が低くなります。

そもそも、ファーストメールというのはたくさんの女性に送る必要がありますが、一通一通すべてにこれだけの時間をかけていたらどれだけ時間が合っても足りません。

そういうことも考えて、ファーストメールの文章は10行程度に抑えておくのが大切です。

■メールのテクニック

ファーストメールのテクニックと併せて、出会い系でのメールのやりとりでは、以下のようなコツがあります。

すべての項目で当たり前のようなことを書いていますが、その当たり前のようなことを自然に実践できる人が本当に出会い系サイトを使いこなせる人です。

なので、当サイトの記事を使って、ライバルたちを出し抜いて出会いまくっちゃいましょう。

●丁寧な口調でメールを書く

丁寧な文章と言っても、ものすごく丁寧すぎるのもお客様と店員みたいな関係になってしまうのであまり丁寧になりすぎないようにしましょう。

今のこの記事内容くらいの口調くらいがちょうどいいとおもいます。丁寧になりすぎず、重くなりすぎずというのがちょうどいいと思います。

もちろん仲が深まってきて、気の置けない中になってきたらため口なども取り入れればさらに仲良くなれると思いますが、最初っからなれなれしい言葉を使っていてはスルーされてしまいます。

そもそも一般社会常識的な礼儀の言葉遣いもできないような人は、返信もしてもらいにくくなるので、言葉遣いというのはリアルな社会でもネット社会でもとても重要です。

なので、少なくともお互いの距離感が縮まるまでは、丁寧で親しみの持てる言葉遣いを心がけるようにしましょう。そうすることにより、相手に尊敬してもらいやすくなります。

●貼り付けはしない

ファーストメールからやってはいけないことは、コピペメールを送ることです。

すべての人に当てはまるような文章をあらかじめ書いといて、いろいろな女性にコピペして送っても、中身がない文章になるので返信率が下がってしまいます。

機械的な文章は中身がないので、コピペメールだと言うことが何となくわかってしまいます。

少しでもコピペメールだと思われたらその女性から返信が来る可能性は少ないでしょう。

せっかく文章を書くのですから、時間を無駄にしないためにも、きっちり相手のことを考えて心を込めて文章を書きましょう。

●相手の名前を書く

相手の名前を呼ぶことで自分に対して親近感を感じてもらえるようになります。最初の3通くらいは相手の名前を出して距離を縮めるようにしましょう。

ですが、相手の名前を書きすぎるとわざとらしさがでてしまうので、自然な感じで名前を呼びかけるようにしましょう。

●質問をする

出会い系サイトだけの話ではなく、日常生活全般にいえることですが、上手な質問をすることによって相手に気持ちよくいろんなことを話してもらえます。

そのためにも相手の興味がありそうな質問をたくさんしていくのですが、この質問を考えるのが意外と難しいのです。

例えば以下の質問はだめな例ですが何がだめかわかりますか。○○さんはイタリアン好きですか?

質問した側の想定で言えば、パスタが好きです、という答えが返ってきて、じゃあ今度パスタにいきましょうという流れを考えていると思います。

この会話の流れって機械的で感情がこもっていないのであまり面白くないですよね。

女性側からしたら、このパターンで食事の誘いを受けたことなんて過去に何十回も会ったと思うので、何もおもしろみがないのです。

いい質問形式というのは、自分の体験談を織り交ぜながら質問をしていくと言うことです。

●文字数を一定にする

2,3通目のメールからは文章量や時間などは相手に合わせることにより、よりいっそう仲良くなることができます。

例えば、相手が2,3行のメールだったら、自分も2,3行くらいのメールの文章量で返信することがテクニックです。

他には相手のメールの返信ペースが速いならこちらも早めに返して、相手が遅いならこちらも少し時間をおいて返信することにより、相手に気を遣ってもらっているという印象を持ってもらって、好かれやすくなります。

ですがデメリットとして相手の感覚に合わせすぎると、違和感をもたれてしまうので、少しずらしたりすることもテクニックの一つです。

●楽しいときにあえて中断する

お互いのエネルギーがつきるまでメールをやりとりする人がいますが、これはあまりよろしいことではありません。

これはなぜかというと、楽しさのピークがすぎてしまったので、次のメールにつながりにくいからです。

最初はすごく楽しかったけどなんか飽きてきちゃったと思われてしまったら、次のメールにつながりにくくなってしまいます。

マンネリ化を避けるためには、楽しいピークの時にあえてやりとりを中断するというテクニックがあります。

明日仕事で朝早いからとかもっともな理由を付けておけば、簡単にメールを中断することができます。

●直接やりとりできるようにする

出会い系サイト内でのメールは短期間で終わらせて、お互いのプライベートなアドレスでやりとりすることがテクニックです。

女性側もサイト内でのメールは料金が発生していることは知っているので、女性もプライベートなアドレスでやりとりしてくれるのを許してくれるでしょう。

ですので、この人とだったら仲を深めたいと思ってくれたら、すぐにでもラインなどを交換してくれます。

何通もやりとりしているのに、直接やりとりに移行してくれないときは、あまり自分のことに心を許してくれてないということでしょう。

女性はそもそも出会い系サイトでの出会いに対して最初から不安感を感じながらやっているものです。

段々仲良くなれたら仲良くなりたいけど、すぐに会いたいすぐにあってくれなんていってくる男は下心しか見えないので不信感を抱かれてしまいます。

なので、じわじわと女性の距離を縮めて、心を開いてくれるのを待っていることが大切です。

以上のルールを守ってメールをするだけで女性からの返信率は相当高くなります。

さらに、そこから返信率がよかった女性に積極的に返信することにより、さらに返信率を上げることができると思います。

●女子大学生

女子大生と主婦はいろいろな理由でメールの返信率が高いのですが、以下のような理由によります。

女子大生の返信率が高い理由は、まだ若いので好奇心が旺盛で、何もかも新鮮に思えてしまうからです。

また、若い子は他人に嫌な人間だと思われたくないという気持ちが大人に比べて強い傾向があるので、そういう理由から女子大生は非常に狙い目となっています。

さらに主婦ですが、女性というのはいくつになっても男性からの視線をもらいたいと思っています。

ですが、結婚して家庭に入ってしまうと女性としてちやほやされるどころか女性としてみられる機会も少なくなってしまうので、男性に異性として意識してもらうだけで飛び上がるほど嬉しいのです。

そもそも家庭を持っている主婦が異性との交流を求めて出会い系サイトに登録している時点で、ちやほやされたいという欲求があるので、簡単に落としやすい対象といえるでしょう。

●夜遅くにサイトを使っている人

朝7時くらいから夕方の5時まで仕事をするという一般的な人間の生活の中で21時以降というのはとてもプライベートな時間帯だといえるでしょう。

好きな映画を見たり、録画しておいたバラエティ番組を見たり、ゲームをしたり、個人の自由な時間を楽しむ時間帯です。

そんな仕事がせっかく終わって一日の最も大切な時間だといえる余暇の時間帯に、出会い系サイトにログインしている女性というのはどういう存在でしょうか。

もちろん人それぞれの趣味嗜好はありますが、共通点としては真剣に出会いを探している女性ということがいえるでしょう。

そういう真剣に出会い系サイトを使ってくれている女性に対して、真剣なメールを送れば簡単に返信してくれるでしょう。

また人間の動物としての本能として、夜に行う行為は本能的になりやすいという、心理学もあります。

太陽がでていて、光がさんさんと輝いているときは理性がブレーキをかけてしまい安いですが、夜であれば、人間の本能的な部分が出てきやすいという側面があります。

上記のようなことから夜遅い時間帯は男女のゴールデンタイムといっても過言ではありませ園。

●共通点があること

付いている職業が同じ業種だったり、出身地が同じだったりすると相手の返信率が高くなります。

住んでいた人にしかわからないような地域性の高い話をしたときに、もりあがったりしたら嬉しいですよね。

そして、それは出会い系のやりとりでも重要なテクニックなので、あなたと女性との間に共通点を見つけたら、このテクニックを使うチャンスです。

●相手を操る会話術

出会い系サイトでのやりとりに限らず、自分の思い通りに相手との会話を誘導するテクニックはなかなか難しいと思います。

ですが、もしそれが簡単なテクニックで誰にでも実現できるとしたら、あなたはそのテクニックをすぐにマスターできると思います。

相手の会話を誘導するテクニックのコツは、相手の会話のすべてに返しのパターンを準備しておくことです。

例えば、相手とある程度仲良くなって、相手の本名を聞いたときにまだ打ち解けていなくて教えてくれないときと、すぐに教えてくれるときとがあります。

このとき教えてくれなかったからといって、もたもたしてしまった返信をしてしまうと、相手に不信感を抱かれしまいかねません。

しかし、相手がどういう返信をしてきたとしても、思いつく限りのパターンをあらかじめ想定しておくことにより、余裕を持った返しをすることができます。

そうすることにより、相手からどんな内容が返信されてきたとしても、もう返事の形を用意しているのですから、自分がもっていきたいポイントまでもっていって、会話の流れを導くことができます。

実はこのテクニックはビジネスなどでは頻繁に利用されているもので、営業マンなんかはマスターしています。

●情熱が大切

上記までいろいろな男女の恋愛に関するテクニックを紹介してきましたが、あなたが身につけたいテクニックを身につけることができたでしょうか。

ただ、ここまでいろいろなテクニックを紹介してきてなんですが、純粋に相手を思う気持ちがあれば自然と伝わって返信してもらえるようになります。

それはなぜか?女性と自分の相性も千差万別ですし、文章も多様なので、このパターンがいいなんていうのはないからです。

自分でもよくわからないのですが、相手と仲良くなりたいという思いがあれば、自然と相手に伝わって、うまくいくようになります。

ある程度仲良くなって、直アドでやりとりをするような段階になると、ある程度相手の女性をゲットしたというような気持ちが出てきて、ついつい横柄な胎動になりがちですが、最後まで態度に気をつけましょう。

直アドをゲットしたからといって、自信過剰にならずに、最後まで謙虚な姿勢で大切に扱いましょう。

返信率の高いメールの書き方などは確かに存在しますが、理論ばかりを気にしていると、人間的な大切な部分がおろそかになりがちですから、謙虚な姿勢を貫きましょう。

出会い系でいろいろなテクニックよりも、本心からでてくる相手のことが好きという気持ちが何よりも大切です。

本心から出てくる相手のことを好きという気持ちだからこそ、相手に本当にあったときに楽しいひとときを過ごせると思います。